ICO丸

仮想通貨初心者から中級者のための仮想通貨・ICOトークン・草コインの情報を発信

Bitfinexが発表|分散型取引所を計画中

 

f:id:ico_maru:20180218113359p:plain



Bitifinexが分散型取引所「Eosfinex」を計画中

Bitfinexが分散型取引所を計画中であることを発表しました。

Bitfinexは、EOSのプラットフォームを利用して分散型取引所である「Eosfinex」をリリース予定であることを発表しました。EosfinexはEOSを利用したDAppの最初の取引所になります。分散型取引所にすることで、高額なスプレッドに苦しめられたりすることがすくなくなります。

 

分散型取引所とは

分散型取引所は、Decentralized EXchange という元の言葉からDEXと呼ばれたりもします。分散型取引所は、中央の管理者を必要としない取引所です。現在の日本の仮想通貨取引所のビットフライヤーやコインチェックは企業が運営する仮想通貨の取引所ですが、DEXには企業にあたるものが必要ありません。

 

また、手数料が低いだけでなく、中央の管理体制そのものが存在しないため、ハッキングを受けることや内部の不正を未然に防ぐことができます。

 

 Bitfinex以外にも、Liskが2018年中にDEXを立てようとしています。

www.ico-maru.com

 

 

EOSとは

EOSは企業の業務をサポートすることが目的で作られた仮想通貨です。EOSはスマートコントラクトを活用してDAppを作ることをメインに作られました。一秒間に数百万の処理が可能です。

 

当初の予定ではEOSに価値はないと明記されていましたが、BitfinexがDEXで活用したりすると価値が生まれてくるでしょう。

 

DAppとは

DAppとは、Decetralize Applicationの略で、分散型アプリケーションのことです。DAppでは、トークンやデータがブロックチェーンの中に収まり、情報の透明性があります。また、既存のアプリケーションと違い、中央で管理する組織がありません。ユーザーが開発側にもまわり、参加者全員で作り上げて行くというプラットフォームです。

 

 

news.bitcoin.com