ICO丸

仮想通貨初心者から中級者のための仮想通貨・ICOトークン・草コインの情報を発信

仮想通貨取引所bitbankの登録方法と使い方|手数料/ログイン/本人確認/評判

f:id:ico_maru:20180224185100p:plain 

 

bitbankとは

国内の仮想通貨取引所はいくつかありますが、今回はbitbankについて紹介します。bitbankは日本国内の仮想通貨取引所であり、ビットバンク株式会社が運営する取引所です。bitbankの運営の代表取締役社長は末廣紀之氏であり、末廣氏はブロックチェーンに関連する本の監修をしたり、GMOインターネット株式会社の常務取締役を勤めたりしていました。bitbankは2014年に立ち上げられ、資本金が11億3100万円の会社です。

 

bitbankは主に仮想通貨上級者に好まれる仮想通貨取引所ですが、アルトコインが他の国内の取引所に比べて安く買えるのが魅力です。国内の仮想通貨取引所は手数料が高い傾向にあり、bitbankはそれらと比べるととても安いです。また、金融庁に仮想通貨交換業者として登録も済ませてある取引所です。

 

アルトコインとは、alternative coinという言葉からきており、日本語に直訳すると「代わりのコイン」という意味です。簡単にいうと、ビットコイン以外のことです。その他のコインをまとめてアルトコインと呼ぶことがあります。アルトコインの例としてあげられるのはビットコインキャッシュやイーサリアムやネムなどです。

 

bitbankが初心者でも使えるようにわかりやすく解説をしていきますので、bitbankを正しく理解し、これからの仮想通貨投資に活かしましょう。

 

f:id:ico_maru:20180306202401p:image

 

bitbankが取り扱い仮想通貨

取引所bitbankが取り扱っている仮想通貨は、以下の通りです。

この取引所は6種類の仮想通貨を取り扱っています。コインチェックに比べて取り扱っている仮想通貨は少ないですが、チャートがとても見やすく、安定性の高い仮想通貨を取り扱っているように考えられます。

 

リップル買うならbitbank

リップルを買おうと思っている人で取引所を探している人なら、bitbankで買うべきです。まず、こに取引所は手数料が無料だということと、セキュリティが強固だということです。現在、bitbankは手数料無料のキャンペーンを行なっており、かなり参入しやすい状態にあります。

 

また、bitbankはセキュリティ対策をどのように行なっているか明らかにしています。コインチェックのNEM流出事件を受けて、bitbank社は自社の管理状況をユーザーに向けてメールで説明しました。ほとんどの仮想通貨をコールドウォレットに対応していて、マルチシグもどんどん実装しています。こういったユーザーへの説明を怠らないため、ユーザーからしたらこういた取引所は安心だと思えます。

 

f:id:ico_maru:20180224103655p:plain

 

コールドウォレットとは、オフラインで仮想通貨を管理する保管方法です。オンラインにつないだまま仮想通貨を保管していると、常にハッキングの危険に晒されることになります。そのため、秘密鍵をオフラインで保護し、悪意あるハッカーの手の届かないところで仮想通貨を保管する必要があります。

 

マルチシグとは、マルチシグネチャの略で、3-5つくらいに秘密鍵を分散して管理し、それらの複数の秘密鍵を使わなければデータを見れないようにすることでセキュリティを向上させるものです。こちらはコインチェックの事件の時に運営側のセキュリティ対策について散々聞かれていたことです。

 

f:id:ico_maru:20180306202401p:image

 

bitbankの手数料

上級者はbitbankで買う人が多いです。なぜかというと、上記の有名アルトコインの取引手数料が0のキャンペーンを行なっているからです。今までは1月まで取引手数料が無料だったのですが、現在はそれが延長され、2018年6月30日まで延長となりました。

 

他の取引所ではないことなので、リップルをガチホしたい方はbitbankの手数料無料キャンペーンが開催されている間に買っておいた方が良いでしょう。通常ですと、手数料が安いのは海外の取引所なので、海外の取引所で仮想通貨を買うのが良いのですが、それが少しおっくうな人はbitbankという取引所で購入するのが良いでしょう。

 

f:id:ico_maru:20180224102538p:plain

 

bitbankの登録方法

それでは、bitbankの口座開設、登録方法について説明していきます。bitbankが他の国内の取引所と違うところは、指値で取引ができるということです。そういったところも踏まえて、初心者の方がbitbankを使えるようになるまでを説明していきます。

 

 

①メールアドレスを入力

まず、bitbankのページから、メールアドレスを入力し、「無料口座開設」をタップ/クリックします。

bitbank.cc

 

f:id:ico_maru:20180224115154p:plain

 

 

②メールに記載されているリンクをクリック

そのあと、入力したメールアドレスに登録の確認メールがくるので、そちらのリンクを クリックしてください。

 

f:id:ico_maru:20180224115532p:plain

 

 

③パスワードを入力し、チェックを入れる

パスワードを2回入力し、利用規約などにチェックを入れ、登録をします。パスワードはその他の取引所とは違うパスワードを入力するようにしましょう。パスワードを新しく作る場合は、忘れてしまわないようにどこか別の場所に保管しておきましょう。

 

パスワードを作る際に使うオススメのサイトはこちらです、こちらのサイトで作ると、より強度の高いパスワードを自動生成できます。

www.luft.co.jp

 

 

f:id:ico_maru:20180224115911p:plain

 

これで登録ができたので、次はbitbankの使い方を見ていきましょう。まずは基本情報の登録から説明していきます。

 

bitbankの使い方

bitbankの使い方を一から説明していきます。ログイン方法、本人確認、入金方法を一から知ることでbitbankを使いこなせるようになります。

 

bitbankへのログイン方法

bitbankにログインするには、メールアドレスとパスワードを打ち込む必要があります。最初は二段階認証もしていないはずなので、そのままログインできます。

f:id:ico_maru:20180224121619p:plain

ログインしただけでは仮想通貨の取引ができるようにはなりません。基本情報を登録する必要があります。

 

基本情報の登録

基本情報を登録するには、ログイン画面の「登録情報」をクリックします。

 

f:id:ico_maru:20180224122352p:plain

 

そのあと、基本情報に必要な項目を次々入力していきます。氏名、生年月日、住所などを入力できたら、登録のボタンをクリックします。

f:id:ico_maru:20180224122500p:plain

 

 

下の画面になったら基本情報の登録は終わりです。次は本人確認の書類をアップロードしましょう。

f:id:ico_maru:20180224122603p:plain

bitbankの本人確認

bitbankにも本人確認をする必要があります。本人確認をすることで、入金ができるようになったり、仮想通貨の取引ができるようになったりします。それでは、本人確認の仕方を見ていきましょう。

 

本人確認をするには、以下の4つのどれかが必要です。

 

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 住民基本台帳カード
  4. 在留カード

 

これのどれかがない場合は本人確認ができません。また、これらをアップロードするときに光の反射加減で住所が見えないということがないように注意しましょう。

 

f:id:ico_maru:20180224123325p:plain

 

必要なものをアップロードし、下の画面になったら完了です。この状態になりましたら、運営側がその本人確認の書類を確認し、無事認められれば取引可能となるの書類がきます。それがきたら取引を始められます。その前に、2段階認証をしましょう。

f:id:ico_maru:20180224123504p:plain

 

bitbankで二段階認証する方法

取り引きを始める前に、bitbankのアカウントのセキュリティを高める必要があります。セキュリティを高めるために、取引所に2段階認証をする必要があります。2段階認証とは、ログインする際にパスワードをいれるだけでなく、スマートフォンのアプリによってセキュリティを高める方法です。

 

取引所の2段階認証をしなかったせいで自分の資産が取られてしまう例がかなり報告されていますので、取引所での2段階認証は必ずしましょう。それでは、二段階認証のやり方を説明していきます。

 

メニュー画面の「登録情報」をクリックしてください。 

 

f:id:ico_maru:20180224161252p:plain

 

 クリックすると、こういう画面がでてきますので「二段階認証」の設定と書かれている部分をクリックしてください。

 

f:id:ico_maru:20180224161459p:plain

 

そうしますと、どのアプリケーションを使って二段階認証をするのかのページが出てきますので、どちらかを選びましょう。おすすめは左のGoogle Authenticationです。もしスマートフォンにアプリがインストールされていない場合は、google playapp storeでインストールしましょう。

f:id:ico_maru:20180224161928p:plain

 

 

左上にあるバーコードを読み取れば完成です。次回のログインからパスワードと二段階認証をしてから入ることになり、取引所のウォレットのセキュリティが上がります。 

 

取引を始めるためにはまずbitbankの取引所にお金を入れる必要があります。どのようにお金を入れるのか、見てみてましょう。

 

bitbankへの入金方法

取引所bitbankに入金する方法を解説します。bitbankという取引所に入金するために、まずはログインをしてトップページにいきましょう。トップページ画面で人型のアイコンにカーソルを合わせ、以下のような表示がでてきます。そうしましたら、入出金というところをクリックしてください。

 

f:id:ico_maru:20180224165329p:plain

 

 

 入出金のところをクリックすると以下の画面が出てきますので、日本円の入出金をクリックしてください。

f:id:ico_maru:20180224165652p:plain

 

 

そうしますと、このような画面が表示されます。振込先を確認し、振り込んでください。ここで注意することがあります。住信SBIネット銀行の口座からではないと手数料がかかってしまうため注意しましょう。仮想通貨の一日のボラティリティよりも低い金額にはなると思いますが、気になる人は取引所に新しく口座を作ったり、適切な口座を使いって振り込みましょう。

f:id:ico_maru:20180224165824p:plain

 

bitbankの評判 

bitbankを利用しているユーザーはbitbankをどのようにいっているのでしょうか。bitbankの取引所としての評判を見て見ましょう。

 

 

 

 

 

このように、bitbankは良い取引所だという評判が多いです。他の取引所がスプレッドで稼いでいると噂されている中で、bitbankは手数料をゼロにし、さらに売り買いもスムーズにできる取引所だということが要因だと考えられます。しかし、bitbankは広告をあまり打っていないため、取引所の中では板が薄いということについても言及されています。いずれにしても、リップルをガチホしたいのであればbitbankは良い取引所だと評判です。

 

 f:id:ico_maru:20180306202401p:image

 

 

bitbank以外の取引所もたくさんあります。国内の取引所ならビットフライヤー。国外の取引所ならバイナンスやKucoinがあります。

取引所バイナンスの登録方法と使い方

取引所Kucoinの登録方法と使い方、取り扱い銘柄

海外の取引所「HitBTC」の登録方法と使い方

日本国内の取引所「ビットフライヤー」の登録方法と使い方

*1:´∀`*