ICO丸

仮想通貨初心者から中級者のための仮想通貨・ICOトークン・草コインの情報を発信

【BNT】Bancorの基本情報・特徴・将来性|これからの好材料

f:id:ico_maru:20180204112345p:plain 

Bancorとは

一言にするなら、Boncorはトークンの流動性の問題を解決する。噛み砕いて言うと、買いたいけど買えないマイナートークンを買える状態にすることができるようになる。

BNTが架け橋的な役割を果たし、買いたいコインを買うことができる。

 

取り扱っている取引所はHitBTC、 Binance、 Bittrexなどだ。このサイトではBinanceを推している。

 

f:id:ico_maru:20180204103123p:image

 

Bancorの基本情報

通貨名:Bancor(BNT)

通貨発行上限枚数:80,036,199 BNT

システム(アルゴリズム):-

公開日:20172

公式サイト:https://bancor.network/

ホワイトペーパー:https://www.bancor.network/static/Bancor_Protocol_Whitepaper_en.pdf

 

 

 Bancorプロトコルについてのyoutubeがこちらだ。

 

Bancorの特徴

超マイナーコインを買える 

Bancorは、BNTと他の通貨を紐づけて買うことができる。取引所で扱っていなくても、BNTと紐づいている状態なら買えるということもある。これはかなり使いやすい。

なお、通貨を書いたい時はウォレットのmetamaskを利用する必要がある。

f:id:ico_maru:20180204104337p:plain

https://www.bancor.network/discover/relays

 

トークンバスケット

トークンバスケットとは、簡単に言うとマイナートークンの福袋だ。今は超マイナーコインとBNTを結びつけて一つの通貨として扱っているが、これが3種類、4種類と増えて、3種類以上の通貨をペアで買うことができるようになるのではないかと考えている。

 

今はBancorに参入している人は少ないが、参入する人が増えれば増えるほどこのトークンバスケットの機能は力を発揮していくだろう。トークンバスケットはまだ実装されていない。

 

Bancorの将来性

段々とICOの件数が増えているため、これからBNTを利用して通貨の流動性を高めようとしてくる後続のICOも割合として多くなると考えられる。仮想通貨コミュニティの情報リテラシーが上がり、BNTでしか買えないということを知れば、BNTを利用した取引も増えるだろう。

 

ただし、手数料が通貨によって高かったりするため、どうしても欲しいという通貨がある人以外はBinanceなどの手数料が安い取引所を利用した方が良いだろう。

 

BNTに関連するイベント 

・Developer week

・Satoshi roudtable

・IFZ fintech

・Virtual Blockchain summit

 

カンファレンスやサミットにでがちだが、こういったところで他の通貨のBNTとの互換性を持たせられるとなると、BNTの流動性が高まるきっかけになるだろう。

 

Bancorを購入する方法

Bancorを取り扱っている取引所は有名なところでBinance、Bittrex、HitBTCなどがあげられる。Bittrexは今のところ登録者数を制限しているため、Binanceがおすすめだ。

 

f:id:ico_maru:20180204105500j:image