ICO丸

仮想通貨初心者から中級者のための仮想通貨・ICOトークン・草コインの情報を発信

仮想通貨SNTの特徴・将来性|ICOしたSNTの好材料

 

f:id:ico_maru:20180226000715p:plain

 

仮想通貨Status(SNT)とは

仮想通貨は数多くありますが、今回はSNTという仮想通貨について紹介します。SNTは、ICOによって発行されたトークンです。Statusという仮想通貨が発行されたのは2017年です。スマートフォンからDAppにアクセスできる、メッセージングプラットフォームを作ろうとしています。対象の仮想通貨を使って作られたサービスの利用者が増え、仮想通貨の流動性が増える仕組みです。

 

ICOとは、Initial Coin Offeringの略です。IPOとは株式を公開して一般の投資家もその企業の株を買うことができるようにすることをいいますが、ICOとはその発行体が発行するトークンと引き換えに仮想通貨を交換して資金を調達する手段です。

 

f:id:ico_maru:20180209201926j:plain

 

DAppとは、Decentralized Applicationの略であり、日本語にすると分散型アプリケーションです。分散型アプリケーションとは、アプリを管理する中央の機関を必要としないアプリケーションのことです。DAppであることにより、ユーザーが開発側にまわり、結果的に開発者を数多く確保できます。また、大切なデータやトークンはブロックチェーンによって改ざん不可能な形となり、セキュリティ対策にもなるというものです。DAppは中央の機関によって管理されるものとは違い、サービスを利用するにあたって手数料などが安くなることが期待されています。また、SNTの場合は運営の意向によってサービスの質が下がることが少ないということがメリットの一つに挙げられます。

 

そういった期待がされているなか、SNTはメッセージングプラットフォームを作ることを目的にしました。メッセージングプラットフォームとは、ラインなどのSNSのようなサービスのことも言います。

 

SNTの基本的な情報はこちらです。

 

通貨名(通貨単位):Status(SNT)

通貨発行上限枚数:6,804,870,174 SNT

公開日:20176

公式サイト:http://status.im/

ホワイトペーパー:https://status.im/whitepaper.pdf

 

 SNTの特徴

イーサリアム上にDAppを構築するモデルであるSNTですが、どのような特徴があるのでしょうか。仮想通貨の値上がりを予想する時はその通貨の特徴が重視されます。SNTはどのような特徴があるのでしょうか。

 

分散型メッセンジャーアプリ

SNTは、ラインやメッセンジャーのようなアプリを目指しています。しかも、DAppによる完全な非中央集権的なアプリケーションを作ろうとしています。SNTはiOS・AndroidどちらのOSにも対応する予定であるということを発表しています。SNTは中間業者のいない世界を目指していると述べています。

 

f:id:ico_maru:20180209201910j:plain

 

DAppによりなにができるのかというと、今までラインやフェイスブックが管理していたスタンプや新規の機能をユーザーができるようになるということです。プラットフォームとして提供されているSNTを箱として使い、新しい機能が次々と実装されていくということです。

 

もう既にスタンプマーケットを実装するという発表がStatusからあります。スタンプマーケットというのは、ラインで好きなスタンプをポイントを利用して買えるような仕組みのことです。スタンプマーケットが実装されることにより、クリエイターがスタンプマーケットを利用して表現をしたり、お金を稼いだりできます。

 

また、SNTはラインやwechatpayのように、友人に送金をしたり買い物をした時に決済手段として使えるという機能を搭載しています。また、通常のメッセンジャーアプリのように画像や動画を送ることも可能です。

 

SIRINのFINNEYにプリインストール

広告塔にメッシを使ったことでも知られるSIRINが発行するFINNEYに、Statusが組み込まれているということが発表されています。SIRINが発行するスマートフォンは世界初のブロックチェーンスマートフォンであり、P2Pの個人間ネットワークのやりとりができるスマートフォンです。SIRINも今は草コインですが、かなり期待のされているICOです。

www.ico-maru.com

 

 

SNTの将来性

SNTの特徴は、メッセンジャーアプリだということ、もう一つはFINNEYにプリインストールされているということでした。既にあるICOとの協力や、実用性の高いサービスが立ち上がるということがわかりました。SNTを購入するにあたって、どのような将来性があるのでしょうか。

 

SNTが想定している市場の広さ

SNTが想定している市場はかなり広いものです、中国のメッセンジャーアプリだるWechatは約9億人のアクティブユーザーを抱えており、中国の都市部では9割以上の普及率があります。WeChatは決済などの機能も取り入れ、中国の多くの人がスマートフォンで決済をするというのが当たり前になっています。

 

しかし、西洋や発展途上国ではそれが当たり前ではありません。DAppであることによって一国のサービスではないということと、西洋や途上国を繋げる一つのアプリケーションになるというのがStatusの将来性の一つです。

 

Microsoftと共同でWindowsに実装予定

SNTのSlackで、Microsoftと共同でStatusをwindowにビルトインするということをコミュニティ内で発言されました。仮想通貨は大企業との提携や共同開発はかなり期待されるため、あまり知られていないですが好材料です。

 

f:id:ico_maru:20180209201834j:plain

 

SNTを購入できる取引所

SNTを購入できる取引所は、Binance、Bitrrex、HitBTC、Upbit、Huobi、TOPBTC、 OKExなど、かなり多くの取引所が取り扱っています。いずれもかなり大規模な取引所であり、これからの発展も期待できます。これからさらに多くの取引所に上場すればかなり買いやすくなることが期待できます。

 

www.ico-maru.com