ICO丸

仮想通貨初心者から中級者のための仮想通貨・ICOトークン・草コインの情報を発信

【XRP】リップルの基本情報・特徴・将来性を徹底解説|好材料発表

f:id:ico_maru:20180130193511p:plain

 

XRPとは

 XRPとは、Ripple社が発行する仮想通貨である。XRPは今まで使われたSWIFTという国際送金技術に置き換わるものであると期待されている。SWIFTは今まで国際送金の手段として利用されてきたが、古い技術であり、手数料も高く、おまけに送金までの期間が長い。途上国から先進国へ出稼ぎに来ている人が母国へ仕送りをする際に、かなりの金額が手数料で引かれてしまうことが問題視されてきた。


それを解決するのがリップル社が発行するXRPと言われている。XRPは手数料が安く、早く送れるという画期的な機能だ。すでに国を代表する企業や世界規模のビジネスをしている企業と提携をしている。 

 

 

XRPの基本情報(ホワイトペーパー・発行枚数)

通貨名:Ripple(XRP)

発行上限枚数:100,000,000,000 XRP

システム(アルゴリズム):Ripple Ledger Consensus

公開日:2004

公式サイト:https://ripple.com/

ホワイトペーパー:https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf

 

XRPの現在の価格

 

 

 

XRPの特徴

ブロックチェーン技術を利用していない

ビットコインやその他の仮想通貨はブロックチェーン技術を利用していることが多い。しかし、 XRPにはそのブロックチェーン技術を利用していない。リップルのここを勘違いしてしまう人が多い。

 

 

中央集権的

ブロックチェーン技術は、分散型社会を実現するための技術だ。ブロックチェーン技術を利用していないXRPは、Ripple社がという会社の発行する仮想通貨のため、中央集権的だ。Ripple社の行動次第で価格を下げられるということを覚えておかなければならない。よくXRPを嫌う人がいるが、この中央集権的であるという思想に対して嫌だという人が多い。

ビットコインが今までの世間の序列をひっくり返すために作られたものだとしたら、リップル社が作ったXRPは今までの体制のまま世の中を改善していこうとする仮想通貨だ。

 

IOU 

これは手形のようなものだと思ってくれていい。フィリピン人のAさんが日本に出稼ぎにきていて、それを母国で待つ家族に送金しようと思う。まずAさんは円をXRPにする。XRPに換金するとき、XRPIOUを発行する。

IOUI owe you(私はあなたに借りる)という意味で、実際にフィリピンの貨幣をおくるのではなく、XRPをフィリピンに送る。XRPは素早く安く正確に送れるため、フィリピンにいるお母さんはXRPを受け取る。発行したIOUが保証になるため、お母さんは安心してXRPをフィリピンの通貨に換金できるのだ。ここでかかる手数料も安い。

IOUは保証だと思ってくれていい。

 

ILP(インターレジャープロトコル)

 ILPは、違う台帳の間で価値の交換を行うための内容を把握するための書式だ。日本語がおかしいが、それぞれ説明していく。違う台帳とは、前の例で示した「Aさん」と「お母さん」の台帳だ。

 

しかし、Aさんが持っているのは日本円の台帳で、お母さんが持っているのはフィリピンペソの台帳である。こうなってしまうと、そのままではお金のやりとりができない。ここでILPの登場だ。ILPが間に入り、異なる台帳を認識し、Aさんの日本円がフィリピンペソになってお母さんの持つ台帳に振り込まれる。

 

 

リップルネットワーク

リップル社はXRPを軸に、リップルネットワークというものを築きあげている。ここに色々な会社が賛同し、XRPを利用した一つの大きなコミュニティができる。参加している会社のどこででもXRPを使えるようになるのだ。

 

f:id:ico_maru:20180130181237p:plain

引用:https://ripple.com

 

 

 

XRPの価格がそこまで上がらない理由

発行枚数が多い

BTCが1200万枚に対し、XRPは1000億枚である。その差は1000倍あるため、それくらいの差は仕方ないのだ。

 

Ripple社が市場に流すXRPに制限をかけていた

リップル社が巻き込んだ会社はかなり多い。日本の三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行はリップル社と提携している。海外でも名だたる企業が名を連ねている。

この企業にXRPを買ってもらうには、XRPが安い方が当然買ってもらいやすくなる。つまり、XRPを市場に流しすぎない方が、企業に買ってもらいやすくなるのである。

 

 

Ripple(XRP)のこれまでの好材料

これまでリップル社はどのようなことをしてきたのか。

 

モルガン・スタンレーの元CEOを引き抜いた

元モルガン・スタンレーのCEOを引き抜き、取締役会に招き入れた。 

 

 

Facebookの広報部長を引き抜いた

 Facebookのコミュニティマネージャーを引き抜いた。

 

 

550億XRPをロックアップ

リップル社は550億XRPをロックアップした。ロックアップとは、市場にも流さず、リップルが管理するわけでもなくする状態だ。こうすることで、リップル社がXRPを売りぬけるという最悪の状態を免れられる。

ripple.com

 

Moneygramと提携

2018年1月11日、国際送金事業などを手がける企業として有名なマネーグラムと提携することを発表した。

 

米マネーグラム、リップルとの提携を発表【フィスコ・ビットコインニュース】 | 市況 - 株探ニュース

 

  

XRPのこれからの好材料

 

決済の世界3大会社と提携

Moneygram社と提携したが、リップル社の情報通りだと、あと大手の送金会社の2社との提携を控えている。

 

 

中国の大きい銀行と提携予定

 リップル社はtwitterで中国の中央銀行、産業と学問を引っ張るリーダーをリップルと提携するという情報を公式twitterで発表した。

 

 

 XRPの購入方法

 XRPを購入するならコインチェックと言いたいところだが、先日NEM盗難の被害にあったが。そこで、ビットトレードという会社で、XRPを購入できる。コインチェックで取引するのが不安な人は、ビットトレードでXRPを購入してもいいと思う。

 

 

f:id:ico_maru:20180205154911p:plain